LA BOX – 石川県

¥55,000

今回は石川県にスポットを当て、厳選された16点の品物をご紹介いたします。ラ・フレンチ・タッチがお届けする石川県のLA BOXの中身はこちらです。

 

  • 商品のガイドブック
  • 漆器 – 加賀市
  • 藁づと輪島塩 – 80g
  • 香る生醤油スプレーひしほ – 50ml
  • 能登ジャム3個セット(ブルーベリー、スチューベン、りんご) – 40gx 3
  • 加賀れんこんとハニーマスタードのピクルス – 固形量140g 総量 290g
  • オーガニック米あめ – 200g
  • 糀ドレッシングあおさ – 145ml
  • 杉樽醤油 – 200ml
  • 竹炭の塩 – 80 ~ 100 g
  • ミニステンレス卸金付き
  • 国産はちみつ・アカシア蜜 – 80g
  • 天然岩のり佃煮 – 75g
  • ごまみそ – 120g
  • 唐川菜 粒マスタード – 45g
  • 能登ブルーベリージャム – 140g

説明

 

【新海塩産業の竹炭塩】

塩=白の概念を覆す、つややかな黒の塩です。能登産の三年物の青竹に塩を詰め込み、炭焼き職人が昔ながらの釜で1000度以上で三日三晩、トータル2週間かけて焼き上げるという、非常に手間ひまのかかった逸品です。美しい黒と高温焼成で醸し出される香りにこだわり、社長自ら全品チェックしてから出荷しています。「能登半島の材料を使って、食べる人に楽しんでもらえる商品を」と色付きの塩を考え出し、竹の形そのままに焼き上げるのは大変困難でしたが、数年かけて商品化に成功しました。

ラ・フレンチ・タッチでは粉状ではなく、貴重な塊状をお届けします。ぜひ削る時の感触、香り、色のコントラストを楽しんでください。辛味が穏やかなので、ステーキやお刺身におすすめです。

 

 

 

 

【唐川菜マスタード】

マスタードといえばヨーロッパのイメージですが、そのヨーロッパのシェフを驚かせた粒マスタードです。能登半島の穴川町下唐川地区に自生する唐川菜(からこな)という辛子菜を使用しています。口に入れた瞬間に感じるスマートな辛味、ふわっと広がる爽やかな香りと旨み、プチプチした食感が他にはない味わいです。能登半島は、日本で初めて「世界農業遺産に認定された里山の自然豊かな素晴らしい土地です。地元の人たちがさまざまな伝統技術を継承する努力をしていますが、唐川菜をはじめとする「能登野菜」もそのひとつです。

地元の稀少野菜を広めようと加工品として開発し、2020年3月に地元のみで販売し始めたばかりです。定番のハムやソーセージはもちろん、和食との相性もよく、マヨネーズなどに混ぜて使うと絶妙な味わいです。

 

 

 

【ごまみそ】

城下町・金沢の食文化のレベルの高さは、誰もが知るところです。中でも発酵食品の豊かさには注目で、醤油の日本五大生産地といわれた歴史も持っています。金沢・大野の「ヤマト醤油味噌」は伝統製法を守りながら、最新技術を導入して新たな味を開発するなど、石川の食と発酵文化を牽引する存在です。ミクロフィルターで劣化の原因となる酵母を取り去り、生ならではの香りの良さを実現させた「ひしほ香る醤油」も銘品ですが、金沢の郷土食・ごまみそも是非知ってほしい味です。実は北陸三県の中で、金沢だけが黒胡麻でごまみそを作るそうです。

大豆の95%は輸入品の今、国産大豆だけを使用した木桶仕込みの味噌に、発酵食品にこだわる同社製の玄米甘酒、丁寧に摺った有機黒胡麻を加えた、滋味あふれる味。野菜から、パンやお菓子作りまで幅広く使えるのも魅力です。